特徴を把握して対策をする

>

クーリングオフ制度を利用する

クーリングオフできる期間

取り消しにできるのは、契約をしてから8日以内と決まっています。
その期間を過ぎると、取り消しにするのが難しくなってしまいます。
悪徳リフォーム業者だと分かっても契約を取り消しにできなければ、高額な料金を支払わなければいけません。
早めに相談することを意識してください。
しかし期間が過ぎても、すぐに諦めないでください。
かなり手口が悪質な場合は、契約してから8日以上経過していても取り消しにできます

相談することで、解決の糸口が見つかるかもしれません。
早く相談することが重要ですが、期間が過ぎても一応相談してみましょう。
どんな手口で契約をさせられたのか、具体的に伝えてください。
すると悪質だということが、相手に伝わりやすいです。

相談できる施設を知ろう

クーリングオフ制度を利用したいと思ったら、住宅リフォームの窓口に相談してください。
各都道府県よって名前は微妙に異なりますが、そのような名前の窓口があるはずです。
悪徳リフォーム業者なのか判断できない時も、そこに相談することでアドバイスをしてくれます、
自分では安全な業者だと思っていても、相談する悪徳リフォーム業者だと判明するかもしれません。

住宅やリフォームのことだったら何でも相談して良いので、連絡先を調べておきましょう。
悪徳リフォーム業者と契約してしまってから調べても、焦っているので連絡先が分からないかもしれません。
またどこに連絡すれば良いのか判断できないと、クーリングオフができる期間が過ぎます。
事前に相談窓口を調べてください。


TOPへ戻る